050-3154-0153
加湿器・空気清浄機の法人レンタル
オフィスエア ホーム オフィスエア 空気のブログ オフィスの空気について考えてみませんか

オフィスの空気について考えてみませんか

空気清浄機
オフィスの空気について考えてみませんか-min

日本は現在、空前の健康ブームです。健康に気をつかい、食事や水などにこだわったり、塩分や糖分、カロリーなどに気を使っている人は皆様の中にも多いかと思います。しかし途切れることなく体内に吸い込んでいる空気について考えたことはありますでしょうか。

実は人が体に取り込んでいるものの80パーセント以上は空気です。体重50キロの人の場合1日で約15,000リットル、約20キログラムもの空気を吸っています。ご飯にするとお茶碗100杯分とのことですが、さすがに1日にご飯を100杯も食べる人はいないと思います。しかし人はそれほど大量の空気を毎日体に摂取しているのです。

そして人が吸い込んでいる空気の半分以上は室内の空気です。そのため1日の大半を過ごすオフィスの空気環境は健康に大きな影響をおよぼすと考えられます。

 

空気の汚れと人体に与える影響

空気が汚れていれば、当然人体に影響があります。黄砂や花粉、PM2.5や光化学スモッグなど空気中に飛散する物質による人体の異変は、多くの人が経験しているのではないでしょうか。そして呼吸器系の疾患患者が年々増え続けているという現状があります。
汚染された空気により起こる体の異変は、様々な症状があります。咳やたん、くしゃみや鼻水、目のかゆみや痛み・腫れなどだけでなく、動悸や息切れ、疲労感や不安感、頭痛や体のだるさなどに加えて、鬱症状にまで及ぶといわれています。つまり空気が汚いことにより、呼吸器系の疾患だけでなく心身全体への悪影響が考えられるのです。

 

オフィスビルの室内環境

オフィスビルなど高層建築物は、窓がない場合や窓があっても大きく開けることができないタイプが多く、室内は閉ざされた空間となってしまいます。また建材や家具から発生する揮発性有機化合物や塗料などに使われる化学物資などにより、室内の空気は外気の数倍汚染された状態になってしまいます。
このような室内の空気環境をしっかりと管理しておかなければ、人体や仕事の効率への悪影響は避けられません。

また空気の汚れによる人体への影響はたくさんありますが、汚染物質や有害物質だけを考えていればいいというわけではありません。オフィスのような密閉した空間に人がたくさん集まり呼吸をすれば二酸化炭素の割合が増えていきますし、インフルエンザなどのウイルスを持った人が1人でもいれば、ウイルスが拡散され集団感染のリスクも高まります。

 

きれいな空気で生活するメリット

きれいな空気で生活するメリット

このように室内の汚れた空気は働く人々の心身に大きな悪影響を及ぼします。そのため社員の健康やオフィスの生産性を考えたときに、きれいな空気はとても大切な要因になります。
室内の空気環境を改善することは健康だけでなく仕事の効率、やる気や集中力、体力にも好影響を与えるのです。

キレイな空気のために換気率を2倍に高めることで得られる生産性効果は一人当たり年間約70万円だという驚きの研究結果も発表されています。総合的に見て快適できれいな空気は働く人々の心身の健康だけでなく、オフィスの生産性改善に必要不可欠なものだといえるのではないでしょうか。

それではどうすればオフィスの空気をよりきれいにすることができるのでしょう。大きなコストをかけずに簡単にすぐできる対策としては換気を十分にとること、サーキュレーターで空気の循環を促すこと、空気清浄機や加湿器を設置することなどが挙げられます。
もちろんエアコンや換気扇、床などの掃除でホコリやカビを減らすことは、空気をキレイに保つためにとても大切です。

 

健康で快適なオフィスワークのために空気環境の改善をぜひ実行してみてください。